Loop to Loop

Fly Fishing Goods & The Knowledge

裏Blog

サイト管理係の裏ブログ

『脱・ビギナーへの道』

2019年1月

僕が初めて巻いたフライは、クラブパターン。ループ店内で横田さんに教わりながら、何も知らない状態からのスタートだった。

不慣れな手つきでボビンを持ち、フックにスレッドをかけていく僕。そんな手際にジレてくる横田さん。

それでもなんとかソレっぽい型(カニっぽかったりエビっぽかったり)のフライには至ったのが、未だ自分で巻いたフライでキビレは釣れていない。

色もマテリアルもボリュームも未知だが、フックサイズが大きいのである程度自由に巻ける楽しさがある。

一方で目下タイイング中なのは、オーソドックスなフライ。メイフライ、カディス、ミッジなど、ここにきてようやく。

某先輩にチラ見せしたところ、「余計なモノを付けない!」だなんて…。先輩、自分、褒められて伸びるタイプっす。

最近、フライラインをとても大切に扱うようになった。

釣行後にはぬるま湯に浸けてクセを取り、ラインクリーナーでお掃除。ラインのねじれもなるべくなくなるよう意識して、丁寧に数往復拭き拭き。

ラインはフライフィッシャーと魚をつなぐ不可欠なもの。特に今のラインに変えてから、アタリや根がかりが敏感に感じられるようになり、性能の重要さを体感している。

そろそろ魔法の水(ナノリックス)がきれそうなので、ループで補充しなければ。

今日は1月10日。イトウ。こんな名前の魚がいることも、その価値や夢の大きさも、最近になってちょっと知ったばかり。

そう、まだまだ知らないことばかり。だけど、いろんなメディアやSNSに恵まれている今、情報も刺激も豊富。

と同時に、チャレンジすることの意義も、着々と学べている。

ある先輩が言っていた。「フライが水の中にある限り、チャンスはある」と。釣りに限らず、挑もうと思える前向きな言葉だと思う。

いつの日か、イトウさんにも会いに行こうか。

今年最初の連休。東京は雪マークもなくなり、キャス連日和となりそう。

フライフィッシングをやるようになってから、天気予報の見方がちょっと変わったり。

フライフィッシャーには、アウトドアに長けた方が多い。

先日行われたループ恒例の多摩川新年会。僕は初参戦だったが、先輩方は朝から、否、前日から諸々仕込んでくださっていて。

割りたての薪で焚き火のイイにおい。飲み屋顔負けの絶品やきとり。キャベツの甘さとモツとニンニクが絶妙なモツ汁。しめにはモツうどん。

こんなステキなご馳走があって、天候にも恵まれ。なおかつキャス練では皆さまに無償レクチャーいただきまくりで。

まだまだスペイの「ス」の序の口。でもとても貴重な経験をさせてもらってばかり。ループのキャス練はイイことばかり。ありがたき、しあわせ。

2018年12月

僕がフライフィッシングにハマって1年。その間に起きたこと、感じたことはおそらく、フライフィッシングをやりたい方ややりはじめた方にとって、何かしらのヒントとなったりするのではないだろうか。

そんなことをふと、キャス練中の多摩川にて考えた。

もちろん、これから僕の綴ることなんてフライフィッシングの常識や歴史からズレていることも多いだろう。それに、ループで教えてもらったりキャス練に参加すれば、それこそ答えに近いものは得られるはずだ。

だが、あえて。僕もここに至るまでにWEB上で調べた。ループに勇気を出して飛び込んだのだって、某フライの雑誌社の方のコラムがきっかけだった。

だから、やってみようと思う。裏ブログ。タイトルは『脱・ビギナーへの道』。

この時点でまだ、このコンテンツについて、オーナーの横田さんには承諾を得てはいない。また明日にでも、ループに寄ろうか。

右手が痛い。親指の付け根と、小指の基節骨。

箸を使う、ドアノブを回す、手袋をはめる。こんな動作が困難で、都度痛みが走る。キャスティングの際ももちろん痛いはずだが、最中には痛みを忘れてしまっているから不思議で。

原因は、力みまくりの下手くそなキャスティング。飛ばそう飛ばそうの意識で、小手先でどうにかごまかそうとしていたツケだろう。

ループの多摩川是政でのキャス練に行くたび、オーナーの横田さんをはじめ、諸先輩方がアドバイスをくださる。有り難いことに、無料で、だ。

筋肉の使い方、ティップの軌道、バットの意識、止めの重要性、タイミング、ドリフト、などなど。だが、一番言われているのは、振りすぎだということ。

成長と後退を繰り返しながら、だんだんと頭では理解できるようになってきた。が、一進一退だし、とにかく右手が痛い。それでも、きれいに投げたい。

そこで、技術不足を道具で補おうかという錯誤にも至り、ラインシステムのリニューアルを目論んでいる。

果たして、どうなることか。手もラインも。つづきはまた今度。

心と頭と眼がクタクタなある晩。ループ店内では、多摩川の大先輩がコーヒーを飲みながらSmithのカタログを見ていた。どうやら偏光サングラスを探しているようだ。オーナーの横田さん自身もSmithのカッコイイモデルも愛用していて、その性能や見やすさ、格好よさには折り紙つき。

大先輩の注文に便乗して、僕もがんばって思い切った。結果、僕が依頼したのは生産終了モデルで、大先輩の注文品のみが店に届いた。残念ではあったが、ぼくは現存のNEWモデルでの再注文をせず、別ブランドのものを選択した。Swansだ。

実際、Smithのグラスはとてもカッコイイ。そして愛用者も多い。僕も超憧れているし、一度は注文を依頼した。が、切り替えた。Swansにした。釣り場でのフライチェンジのごとく。

定価でいうと半分ちょっとの買い物となった訳だが、終日使用した感じ、レンズは明るく偏光具合も見えやすかったしかけ心地も軽く、耳や鼻に干渉することもなかった。つまり、満足だ。あとはサイトで鯉が釣れるべく、キャスティングと鯉フライのタイイングに励みつづけようか。

でもね。

いつかは欲しい、Smithのサングラス。遠近両用になったら、にしようかな。それとも、キャスティングが上達したら、か。まあいづれにせよサンタクロースにはお願いしたいモノだらけだ。

目下計画中の、ラインシステムのグレードアップ。というかそもそも僕は選択肢がほぼない現状なので、単純に武器を増やしたく。

ロッド:スコット/9ft8番/4P
リール:カベラス/SR2
ライン:メーカー不明/WF8番/フローティング

ロッド:Soul River/8ft4番/7P
リール:LLビーン/STREAMLIGHT/5-6番
ライン:メーカー不明/DT5番/フローティング

これらでオイカワ、カワムツから、鯉、ニゴイ、スモール。そして河口域ではキビレも釣らせてもらった。4番のトラベルパックロッドでの鯉とのファイトも印象深く、8番でもオイカワが遊んでくれたことも嬉しい記憶だ。ちなみに僕は管釣りを除いてこれ以外の魚を釣ったことがない。それどころか未だ府中多摩川から上に行ったことすらない。

で。これから初心者から抜け出していけるように、渓流にも湖でも釣果をあげられるように、とキャスティングの練習をしているのだが、どうにもこうにも右手が痛い。そんなタイミングで巡り合えたのが、ダブルハンドだ。

ロッド:SAGE/11ft9in6番/4P

正確にはスイッチロッドだが、しばらくは右手をかばいながらこのセージくんと親友になれるよう練習していくつもり。そこでぶち当たっている問題は、ラインとリールをどうするか。…全くわからない。

まあ、ループ行こう。

釣り場の状況は、刻一刻と変わる。いかにして感じ、察し、読み、変化に対応するか。釣り場だけに限った話ではないが。

フライフィッシャーには皆それぞれ流儀や信条がある。餌は使わないとか、魚や自然やフィールドを大切に守るとか。

一方でキャリアや場数、道具や機動力、それにセンスなどは当然人それぞれだ。釣り場の雰囲気を楽しみたいだけの人だっている。だから、適応の仕方に正解なんてものはないのだと思う。

ただ、釣るためにはアダプトしなければ釣れない。工夫も想像も大事だし、諦めない心も必要だ。何年もトライして釣り場を開拓する人だっている。

技術が足りなかったとか、初めてだから知らなかったとか、誰かがこう言ったからそうしただとかは関係ない。ストーリーは自分で変えられる。というか、自分でしか変えられない。

適応のために何をしたのか、何をしなかったのか。現場でも、事前にも、事後にも。

釣り場の状況は、刻一刻と変わる。何もしなければ何も変わらない。そこから逃れたら何も生まれない。要は自分次第だ。

って言ったって釣れない日だってたくさんあるし。それも含めて楽しいんだから、ハマっているわけで。

なんてね。なんか、いろいろ、鬱憤。あぁ人のせいにして、言い訳して、逃げたい。んでフライフィッシングという精神安定に至り。まあとにかく、釣りって深イイ。

ちなみに僕はルアーも餌も、やったことはない。

遂にフライラインを新調した。RIOスキャンディ・ボディー7番/23ft/375grのシューティングヘッドに、10ft/75grのティップライン。あわせて33ft/425gr。おまけに、ランニングラインもRIOのコネクトコアにした。

と、自分で書いていて実は意味が分かっていないが、この買い物は大成功だ。

なぜなら、多摩川のキャスティング練習会で横田さんや諸先輩方に色々試させてもらい、アドバイスをいただき、ロッドとの相性や釣り方までたくさん悩んで至ったから。

そして今は、シューティングラインを早く試したい。キャスティングの腕を上げたい。ダンベルアイの重たいフライを、キビレに届けたい。

ちなみにビギナーとしてわかったことは、最初っから相談していた方がよかったじゃん!ってこと。

中古で探してタックルをなんとなく揃え、手探りウェブ探りで。の過程でも諸々楽しめたが、もっと早くに勇気を出してループに飛び込んでいれば、もっと早くにフライタックルやフライ用品を知り、余計な出費も少なくなっていたと思う。

ループトゥループは、ビギナー(僕も含め)を応援してくれています。

イメージ通りにラインが流れて魚が喰いつくと、うれしい。

自分の巻いたフライで魚が釣れると、これまたうれしい。

フライフィッシングって、ステキ。

 

キャスティングが上達すると、多摩川のみんなが喜んでくれる。

釣果を報告すると、先輩方が自分事のごとく喜んでくれる。

フライフィッシャーって、みんなステキ。

僕がはじめてフライフィッシングで釣った魚はオイカワ。初冬の柳瀬川。沈めて釣る釣り方なんて知らなかったので、ドライフライで浮かせて。その時の手応え、までは覚えていないが、その時の感動と光景はしっかりと覚えている。

その頃はまだタイイングも知らず、ネットか神田のジルでドライフライを購入していたが、冬が深まるにつれてオイカワは釣れなくなり、ドライフライも枯草に引っかかってすぐになくなり。

で、ループに行ったんだった。フライを買いに。フライフィッシングの専門店ということでものすごく敷居が高く感じて緊張した。そしてバーカウンターで缶ビールを大事に少しずつ飲んだ。今では考えられないくらいにちびちびと。

その後、横田さんに多摩川でダウンクロスという釣り方を教えてもらい、オイカワがもっと身近になった。当時はRYOBIの安いロッド&リールセットだったが、それでもヒットしたときのプルプルに何度も興奮した。春になるとまたドライフライでも遊んでもらえるようになって。ドライでのヒットは、今でもやはり格別だ。

オイカワはとても美しい。ボディーの輝き、スマートな顔、透き通ったヒレ、ひし形の幾何学模様。夏のオスの婚姻色ともなると、ますます何度でも見惚れてしまう。こんなに美しい魚が近郊のごく普通の川で釣れるなんて、ありがたいことだ。

僕を育ててくれたオイカワにまた、僕のキャス練の成果を聞きに行こう。

横田さんが、多摩川のほぼ止水エリアで、鯉を仕留めた。

その日はスペイキャスティンの練習会で、店舗入りのための切り上げリミット間際、「5分一本勝負」での出来事だった。

足音と気配を消し、ロッドを倒して最小限のラインを手繰りながらサイトの鯉に近づく横田さん。腰を屈めて一歩一歩ストーキングする後ろ姿は、ニヤける程楽しげでまた、格好もいい。

岸近くのポイントで鯉を目視し、ブッシュをケアしつつ、ロールキャストからピックアップアンドレイダウンで的確にフライを落とす。フライを沈めながら、鯉の動く先を予測して竿先でラインコントロール。その直後にラインが張られ、着実な合わせでしっかりフッキング。さほど走りはしないものの、重量感たっぷりの丸々とした鯉だ。

ものの数分の間だったが、その一部始終に立ち会えた。はじめての経験だった。

ファイト中の横田さんは饒舌。「よっしゃ〜!」「やったね〜!」「こいつまだ気づいてないよ!」 ギャラリーサービスも込みなんだろうけれど、失礼ながら言わば「少年のごとく」感情がどストレートに言葉となる。それがまたおもしろい。

そう。ヒットシーンって、主観はもちろん客観でもコーフンする。見て学べて、ワクワクドキドキ共感できるのだから、おもしろい。

そして僕は。サイトフィッシングでの鯉釣りを達成させたいという願望は、目下の目標となった。

釣りが好き。否、フライフィッシングを愛し愛され、今なお刺激を求め続けて釣りに出るショップオーナーってかっけー。この上なくダンディー。

さ、フライ巻いて、キャス練(イメトレ)しよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう